DAZN News

【2021】各チーム馴染みのカタルーニャで頂点に立つのは…イベリア半島2連戦のスペインGP|開催日程・放送予定

読了時間 12分
2020-07-25 F1 Formula 1 Spain 2019 Getty Images

2020シーズンのF1は新型コロナウイルス感染拡大に伴い、7月上旬に開幕戦を迎え、12月中旬の第17戦アブダビGPで最終戦を迎えるという未曾有のシーズンとなった。

翌2021年のF1も3月にオーストラリアで開幕する予定だったが、昨今の感染症事情によりオーストラリアでの実施は11月へとスライドになり、第2戦予定だったバーレーンが繰り上がりで開幕戦に設定された。1シーズンあたり過去最多グランプリ数となる全23戦で世界を転戦する予定となっている。

F1第4戦スペインGP 概要

前回の第3戦ポルトガルGPから連戦となるイベリア半島2戦目、F1第4戦アラムコ・スペインGPが5月7日~9日にかけて開催される。

メルセデスのルイス・ハミルトンとレッドブルのマックス・フェルスタッペンによる激しいトップ争いが繰り広げられている今シーズン。前回のポルトガルGPでメルセデスに先行を許したレッドブルにとって、スペインGPは是が非でも取り返したい一戦となる。

今季ここまでは、まさにハミルトンとフェルスタッペンの一騎打ち。開幕から3戦連続で1位・2位をこの2人が独占している。まず開幕戦ではハミルトンが勝利し、続く2戦目はフェルスタッペンが意地を見せ、3戦目で再びハミルトンが定位置を奪還した。

現在ハミルトンとフェルスタッペンのドライバーズランキングポイントの差は「8」。結果次第ではひとつのグランプリで順位の逆転が考えられるため、どちらにとっても気の抜けない状況だ。一方コンストラクターズランキングのポイントはメルセデスが「101」で、レッドブルが「83」。こちらも非常に接近したせめぎ合いになっているため、ポルトガルGPではファステストラップポイントをめぐる激しい攻防が展開された。

この1ポイントへの執念が垣間見えるほど今シーズンの両者は肉迫しており、近年稀に見る拮抗した戦いとなっている。レッドブルとしてはこれ以上離される訳にはいかない。挽回可能な位置でメルセデスの背中を追いたいのはもちろん、もしここで連勝を許せば今シーズンの流れを一気に持っていかれる恐れもある。

次戦の舞台カタロニア・サーキットは様々なコース特性があり、例年開幕前テストが行われるなど、総合力が試されるサーキットだ。地力の差が出やすいのは、4年連続ハミルトンの優勝という事実が裏付けている。このサーキットでメルセデスから勝利を奪うのは容易ではないが、レッドブルにとってはここで踏みとどまれるかどうかが今後のシーズンの行方を占う鍵となるだろう。

今季からF1の舞台で挑戦を続けているアルファタウリの角田裕毅は、ポルトガルGPでは振るわず15位でレースを終えた。力強さを見せていたこれまでの2戦とは異なり、アルファタウリのマシンは苦戦を強いられた。1週間というわずかな時間で問題を解決し、パフォーマンスを取り戻すことができるだろうか。角田にとっても昨季のF2で走り慣れたカタロニア・サーキットで、開幕戦以来となるポイント獲得を目指す。

スペインGPはアルピーヌのフェルナンド・アロンソ、フェラーリのカルロス・サインツにとっては母国でのグランプリとなる。3年ぶりにF1に戻ってきた元ワールドチャンピオンのアロンソとスペインGPでの入賞確率100%のサインツJr.がどんな走りを見せてくれるのかにも期待が集まる。また、ポルトガルGPでは僚友バルテリ・ボッタスに阻まれお預けとなった、ハミルトンの通算100回目のポールポジション獲得が達成されるかにも注目だ。

スペインGPの成り立ち

スペインでのF1GPは1951年、1954年にペドラルベス・サーキットで開催され、1967年から1981年までにかけてはモンジュイックとハラマが主な舞台となった。1986年~1990年までの5回はヘレスで開催。1991年から31シーズン連続でサーキット・デ・カタルーニャでのスペインGP実施となる。

サーキット・デ・カタルーニャは1991年に完成し、同年からF1グランプリの舞台に。翌1992年のバルセロナ・オリンピックでは自転車競技のコースとしても一部使用されている。

このサーキットはウィンターテストや合同テストで使用されるケースが多い。そして今季F1デビューとなる角田裕毅、ミック・シューマッハ、ニキータ・マゼピンもF2で走行済みのトラックとなる。それだけに各ドライバー、各チームともにサーキットのコース特性を知り尽くしていると言っても過言ではない。

レース開催日程・DAZN配信予定

第4戦 スペインGP / サーキット・デ・カタルーニャ

配信予定 配信内容 実況・解説
2021年5月7日(金)
18:30
フリー走行
1回目
解説:小倉茂徳 実況:サッシャ
2021年5月7日(金)
22:00
フリー走行
2回目
解説:小倉茂徳 田中健一
2021年5月8日(土)
19:00
フリー走行
3回目
解説:田中健一 実況:笹川裕昭
2021年5月8日(土)
22:00
予選
F1ゾーン:予選
解説:中野信治 実況:笹川裕昭
2021年5月9日(日)
22:00
決勝
F1ゾーン:決勝
解説:中野信治 実況:サッシャ

 

サーキット(サーキット・デ・カタルーニャ)

2021-04-28 Spain circuit Formula 1 F1

最大の見所はやはり1kmにも及ぶホームのロングストレート。ここはDRS区間でもあり、第1コーナーの飛び込みでは激しいブレーキング合戦となる。第2セクターにあるターン9はカンプサと呼ばれており、このセクションは風の影響を受けやすくコース上のライン取りがポイント。

そこからターン10までもDRS区間となる。ターン10は2021年1月~2月にかけて改修工事が行われ、カーブのRが2020年よりゆるやかに。エスケープゾーンも広く設けられている。

そして第3セクターはテクニカルなコーナーの連続となっており、この区間の出来がタイムに大きく直結する。

ロングストレートやリズム感のあるコーナーなど、注目ポイントの多いコースではあるが、コース幅が狭く、ポジション変動はあまり多くない。また、天候も晴天が多く、前述のとおり各チームがテストを重ねてこのサーキットを知り尽くしていることから、波乱があまり起こりにくいレースの一つとされる。

2020年 スペインGP 順位・結果

2020-08-17 Hamilton Mercedes Formula 1

前レースの第6戦70周年記念GPではマックス・フェルスタッペンがメルセデス勢を上回るポテンシャルを示したものの、2020年の第6戦スペインGPはメルセデスが改めて揺るぎない優位性を示したレースと言える。

フリー走行時からメルセデスのワン・ツーが続き、予選でもハミルトン、バルテリ・ボッタス、フェルスタッペンの順番となった。決勝ではハミルトンが先頭、ボッタスは4番手に順位を落としてオープニングラップを終える。ボッタスはその後ランス・ストロール、フェルスタッペンを抜いて2番手に浮上するも、ハミルトンがそのまま独走体制に。

結局ラップリーダーは1周目から66周目まですべてハミルトンというポール・トゥ・フィニッシュで通算88勝目をマークした。

2位フェルスタッペン、3位ボッタスが表彰台に上がり、ストロール、セルジオ・ペレス、カルロス・サインツ、セバスチャン・ベッテルの順番で決着した。

順位・結果(決勝)

順位 ドライバー チーム TIME PTS
1 ルイス・ハミルトン メルセデス 1:31:45.279 25
2 マックス・フェルスタッペン レッドブル +24.177 18
3 バルテリ・ボッタス メルセデス +44.752 16
4 ランス・ストロール レーシング・ポイント +1 lap 12
5 セルジオ・ペレス レーシング・ポイント +1 lap 10
6 カルロス・サインツ マクラーレン +1 lap 8
7 セバスチャン・ベッテル フェラーリ +1 lap 6
8 アレクサンダー・アルボン レッドブル +1 lap 4
9 ピエール・ガスリー アルファタウリ +1 lap 2
10 ランド・ノリス マクラーレン +1 lap 1
11 ダニエル・リカルド ルノー +1 lap  
12 ダニール・クビアト アルファタウリ +1 lap  
13 エステバン・オコン ルノー +1 lap  
14 キミ・ライコネン アルファロメオ +1 lap  
15 ケビン・マグヌッセン ハース +1 lap  
16 アントニオ・ジョビナッツィ アルファロメオ +1 lap  
17 ジョージ・ラッセル ウィリアムズ +1 lap  
18 ニコラス・ラティフィ ウィリアムズ +2 laps  
19 ロマン・グロージャン ハース +2 laps  
シャルル・ルクレール フェラーリ Ret.  

関連記事

チーム・ドライバー

日程・番組表

  レース フリー走行・予選 決勝
第1戦 バーレーンGP 3月26日(金) ~27日(土) 3月28日(日)
第2戦 エミリア・ロマーニャGP 4月16日(金) ~17日(土) 4月18日(日)
第3戦 未定 4月30日(金) ~5月1日(土) 5月2日(日)
第4戦 スペインGP 5月7日(金) ~ 8日(土) 5月9日(日)
第5戦 モナコGP 5月21日(金) ~22日(土) 5月23日(日)
第6戦 アゼルバイジャンGP 6月4日(金) ~5日(土) 6月6日(日)
第7戦 カナダGP 6月11日(金) ~ 12日(土) 6月13日(日)
第8戦 フランスGP 6月25日(金) ~26日(土) 6月27日(日)
第9戦 オーストリアGP 7月2日(金) ~ 3日(土) 7月4日(日)
第10戦 イギリスGP 7月16日(金) ~ 17日(土) 7月18日(日)
第11戦 ハンガリーGP 7月30日(金) ~31日(土) 8月1日(日)
第12戦 ベルギーGP 8月27日(金) ~28日(土) 8月29日(日)
第13戦 オランダGP 9月3日(金) ~ 4日(土) 9月5日(日)
第14戦 イタリアGP 9月10日(金) ~ 11日(土) 9月12日(日)
第15戦 ロシアGP 9月24日(金) ~25日(土) 9月26日(日)
第16戦 シンガポールGP 10月1日(金) ~ 2日(土) 10月3日(日)
第17戦 日本GP 10月8日(金) ~ 9日(土) 10月10日(日)
第18戦 アメリカGP 10月22日(金) ~ 23日(土) 10月24日(日)
第19戦 メキシコGP 10月29日(金) ~ 30日(土) 10月31日(日)
第20戦 サンパウロGP 11月12日(金) ~ 13日(土) 11月14日(日)
第21戦 オーストラリアGP 11月19日(金) ~ 20日(土) 11月21日(日)
第22戦 サウジアラビアGP 12月3日(金) ~ 4日(土) 12月5日(日)
第23戦 アブダビGP 12月10日(金) ~ 11日(土) 12月12日(日)

F1の視聴方法

DAZNでは2021年もF1™全レース配信予定。またメインフィード、オンボードカメラ、ドライバーズ・トラッカー、ライブタイミングを一つの画面で見ることができるオリジナル番組「F1 ZONE」や、「F1 LAB(ラボ)」といったコンテンツを配信。さらにレース後にはハイライト映像が配信され、また2週間見逃し配信が視聴可能だ。 また、F1™以外にもJリーグ、欧州サッカー、プロ野球など多彩なスポーツコンテンツを楽しむことができる。

DAZNの月額料金は1,925円 (税込)。加入後は1ヶ月の無料体験期間がある。登録方法は以下の通り:

  1. DAZN  にアクセスし、登録ページへ
  2. 登録フォームに必要項目(氏名、メールアドレス、支払情報)を入力すれば登録完了、1ヶ月無料体験がスタート
  3. DAZNアプリをテレビ、タブレット、スマホにダウンロードすれば視聴開始できる

関連記事

最新ニュース