エラーコード %{errorCode}

モータースポーツ

【注目チーム】復活の気配を見せる名門プライベーター、実力者アルボン&2季目の若手サージェントで2024年も継続|ウィリアムズ|F1

DAZN NEWS
【注目チーム】復活の気配を見せる名門プライベーター、実力者アルボン&2季目の若手サージェントで2024年も継続|ウィリアムズ|F1Getty Images
【F1注目チーム】コンストラクターズタイトル9回、ドライバーズタイトル7回という輝かしい功績を誇り、フェラーリ、マクラーレンと並びF1を代表するチームであるウィリアムズ。近年は下位で戦うことが多いものの、2023年は一発の速さを示し総合7位に浮上。2024年はより上位に上がれるのだろうか。
▶▶▶DAZNの詳細をチェックする◀◀◀

歴史

2020-04-14 Hill SennaGetty Images

ウィリアムズレーシングは、1977年にフランク・ウィリアムズとパトリック・ヘッドによって創設され、現在に至るまで数々のトロフィーを手にしてきた。

1977年以前も自身のチームでF1に参戦していたフランク・ウィリアムズだったが、敏腕デザイナーであるヘッドとともにチームを育て上げ、1980年にはチーム初のコンストラクターズタイトルとドライバーズタイトルを獲得。そこから一気に強豪チームとして、優勝争いを繰り広げていくことになる。

しかし1986年にチームを揺るがす悲劇が起きる。フランク・ウィリアムズが自動車事故により下半身麻痺となり、車いすでの生活を余儀なくされたのである。カリスマ的リーダーが苦境に立たされるなかでもウィリアムズは持ち前のレース屋魂で乗り越え、ネルソン・ピケとナイジェル・マンセルのコンビで、その年のコンストラクターズタイトルを獲得した。

その後「車いすの闘将」と称されたフランク・ウィリアムズとともに、90年代も毎年のようにタイトル争いを繰り広げたウィリアムズに再び悲劇が訪れる。1994年5月1日、サンマリノGPでは過去3度のワールドチャンピオンであり、この年からチームに加入したアイルトン・セナがレース中に事故死したのである。日本でもF1人気をけん引していたアイドルの死は、大きなショックとともに世界中へと届けられた。

幾多の困難に直面しながらも、チームは1996年にはデイモン・ヒル、1997年にはジャック・ビルヌーブを擁して2年連続のダブルタイトルを獲得したが、現時点ではこれが最後のビッグタイトルとなっている。

父から娘へ世代交代も、2020年に売却

2021-11-28 Frank Williams F1 Formula 1Getty Images

車いすを駆りながらチームを指揮してきた総帥フランク・ウィリアムズは、2012年にF1チームの取締役から退き、娘のクレア・ウィリアムズに現場の指揮を一任した。

その年のスペインGPでパストール・マルドナドが勝利して以降、ポディウムの頂点からも遠ざかっているウイリアムズは、大型スポンサーの離脱やエンジンサプライヤーの変更のたびに勢いを失い、苦戦を強いられている。

2020年は新型コロナウイルスの流行に伴うシーズンの延期によって、過去のマシンやチームの施設を担保に資金の借入を行うなど財政面で非常に苦しい状況に陥っていることが明らかとなった。そして2020シーズン開幕前に、リアウイングにスポンサー名が入っていたROKiT社が、契約解消に至ったことを発表。

同年の8月21日、ウィリアムズはアメリカの投資会社「ドリルトン・キャピタル」に所有権が移ったと公表した。チーム副代表クレア・ウィリアムズは、イタリアGPを最後にチームから離れることに。幾多の困難を乗り越えてきたウィリアムズは1977年より43年間ウィリアムズ一家で運営されてきたが、一族経営に終止符が打たれた。

ウィリアムズの冠は継続で、チームは米国資本へと完全移行。そして2021年シーズン終盤の11月26日、フランク・ウィリアムズ卿は79歳でこの世を去った。その直後の第21戦サウジアラビアGPはF1各チームが喪に服し、ウィリアムズ卿を偲んだ。

名門復活の兆しを感じさせた2021年

2021-08-28 Russell Williams F1 Formula 1Getty Images

2016年、2017年はコンストラクターズ5位だったが、2018年以降の4シーズンはすべて10チーム中最下位となる10位でシーズンを終えた。

2021年は開幕前からハース、アルファロメオよりも上を狙える力を示し、テールエンダー脱却の予感をさせる速さを見せた。3季目となるラッセルは力で劣るマシンを駆り、予選Q3に何度も進出。圧巻だったのは雨の予選となったベルギーGPだろう。多くのドライバーが路面のグリップに苦しむ中、ラッセルは一時全体トップタイムをマーク。最後のアタックでラッセルをわずかに上回ったマックス・フェルスタッペンが結局ポールポジションとなった。

このベルギーGPは翌日曜の決勝も雨となり、レースは3時間遅延ののちに追い越し禁止のセーフティーカー先導で進み、2周を終えた段階でレース終了となった。ポイント獲得は半分となったものの、予選2番手からそのまま決勝2位でラッセルはレースを終えた。

僚友ラティフィも波乱混じりのハンガリーGP、ベルギーGPで入賞を果たし、シーズンを通じてウィリアムズは23ポイントを奪取。コンストラクターズ10位の続いた名門は、2021年を総合8位で終える結果となった。

そして2022年はラッセルがメルセデスに移籍となり、2020年シーズン限りでレッドブルのセカンドからリザーブに降格となったアレクサンダー・アルボンがウィリアムズのレギュラードライバーを務めることになった。

2022年は再び苦しい戦いに終始

2022-09-15 De Vries Williams F1 Formula 1Getty Images

2021年は10チーム中8位まで順位を上げたウィリアムズだったが、2022年は競争力に乏しく再びテールエンダーの位置で戦うことに。

そんな中でも2年ぶりにレギュラーシートを獲得したアルボンが気を吐き、序盤から予選Q2進出を見せ、第3戦オーストラリアGPでは最後尾スタートからハードタイヤのファーストスティントで終盤までロングランを続け、ファイナルラップにソフトタイヤへと変更。そして10位入賞でレースを終えるという離れ業を見せた。アルボンはマイアミGP、ベルギーGPでも入賞を果たしており、非力なウィリアムズのマシンでも明確な存在感を示す。

そしてイタリアGPでは、アルボンが虫垂炎になったために緊急入院となり、メルセデスのリザーブドライバーだったニック・デ・フリースが急遽代打でスポット参戦となる。オランダ人ドライバーはこのF1デビュー戦となったモンツァで9位入賞を果たし、ウィリアムズのマシンを駆りながら初戦入賞となった。

ラティフィもなかなか入賞に絡めず苦しい戦いが続いたものの、ウェット路面で展開の荒れた鈴鹿の日本GPでは、流れに乗じてポイントを獲得している。

結果的にウィリアムズは10チーム中10位の位置から脱することはできず、2022年シーズンを終えることになった。

2023年は特性の合致するレースで躍進し総合7位浮上

2023-03-05 Albon Tsunoda Yuki F1 Formula 1Getty Images

ウィリアムズは2023年、ラティフィと契約更新をせず、新たに前年F2で総合4位だった新人のローガン・サージェントを迎え入れた。

引き続き下位争いを展開するのではとの見方もあったウィリアムズだったが、同年のFW45は直線で速く、トラック特性に合致するレースでは予選及び決勝で中団勢に匹敵する勢いを見せた。

実力者アルボンはチームリーダーとしても存在感を示し、予選では度々Q3に進出するなど、マシンの持ち味を生かして成果を手にする。7度の入賞を果たして27ポイントを奪取し、総合13位でシーズンを終えた。

一方のサージェントはルーキーシーズンということもあり、僚友に比べて苦戦する状況が頻発。結果として母国のアメリカGPでルイス・ハミルトン&チャールズ・ルクレールの失格により、10位に繰り上がって獲得した1ポイントが同年唯一の入賞となった。

コンストラクターズランキングでは7位に終わったウィリアムズ。2024年もドライバーはアルボン&サージェントのセットで挑むことになった。新シーズン、古豪ウィリアムズは下位争いを脱却し、中団勢や上位に迫ることができるのだろうか。

ドライバー

アレクサンダー・アルボン

2023-02-23 Albon Williams F1 Formula 1Getty Images

1996年3月23日生まれ|タイ国籍(出生地はイギリス)|トロ・ロッソ(2019)、レッドブル(2019~2020)、ウィリアムズ(2022~)

通算成績(2024年開幕時点)

  • 出走/82回 
  • 優勝/0回 
  • PP/0回 
  • FL/0回

2023年の成績

  • 年間:27ポイント/13位
  • 優勝/0回
  • PP/0回
  • FL/0回
レース名決勝順位
第1戦バーレーンGP10位
第2戦サウジアラビアGPRet.
第3戦オーストラリアGPRet.
第4戦アゼルバイジャンGP12位
第5戦マイアミGP14位
第6戦エミリア・ロマーニャGP【中止】 
第7戦モナコGP14位
第8戦スペインGP16位
第9戦カナダGP7位
第10戦オーストリアGP11位
第11戦イギリスGP8位
第12戦ハンガリーGP11位
第13戦ベルギーGP14位
第14戦オランダGP8位
第15戦イタリアGP7位
第16戦シンガポールGP11位
第17戦日本GPRet.
第18戦カタールGP13位
第19戦アメリカGP9位
第20戦メキシコGP9位
第21戦サンパウロGPRet.
第22戦ラスベガスGP12位
第23戦アブダビGP14位

ローガン・サージェント

2022-12-21 Sargeant Logan Williams F1 Formula 1Getty Images

2000年12月31日生まれ|アメリカ国籍|ウィリアムズ(2023)

通算成績(2023年終了時点)

  • 出走/22回 
  • 優勝/0回 
  • PP/0回 
  • FL/0回

2023年の成績

  • 年間:1ポイント/21位
  • 優勝/0回
  • PP/0回
  • FL/0回
レース名決勝順位
第1戦バーレーンGP12位
第2戦サウジアラビアGP16位
第3戦オーストラリアGP16位
第4戦アゼルバイジャンGP16位
第5戦マイアミGP20位
第6戦エミリア・ロマーニャGP【中止】 
第7戦モナコGP18位
第8戦スペインGP20位
第9戦カナダGPRet.
第10戦オーストリアGP13位
第11戦イギリスGP11位
第12戦ハンガリーGP18位
第13戦ベルギーGP17位
第14戦オランダGPRet.
第15戦イタリアGP13位
第16戦シンガポールGP14位
第17戦日本GPRet.
第18戦カタールGPRet.
第19戦アメリカGP10位
第20戦メキシコGP16位
第21戦サンパウロGP11位
第22戦ラスベガスGP16位
第23戦アブダビGP16位

DAZNについて

DAZNなら好きなスポーツをいつでも、どこでもライブ中継&見逃し配信!今すぐ下の記事をチェックしよう。

●  【番組表】直近の注目コンテンツは?
●  【お得】DAZNの料金・割引プランは?

チーム・ドライバー

日程・番組表

 レースフリー走行・予選決勝
第1戦バーレーンGP 2月29日(木) ~3月1日(金)3月2日(土)
第2戦サウジアラビアGP 3月7日(木) ~8日(金)3月9日(土)
第3戦オーストラリアGP 3月22日(金) ~ 3月23日(土)3月24日(日)
第4戦日本GP 4月5日(金) ~ 6日(土)4月7日(日)
第5戦中国GP 4月19日(金) ~ 20日(土)4月21日(日)
第6戦マイアミGP 5月3日(金) ~ 4日(土)5月5日(日)
第7戦エミリア・ロマーニャGP 5月17日(金) ~ 18日(土)5月19日(日)
第8戦モナコGP 5月24日(金) ~ 25日(土)5月26日(日)
第9戦カナダGP 6月7日(金) ~ 8日(土)6月9日(日)
第10戦スペインGP 6月21日(金) ~ 22日(土)6月23日(日)
第11戦オーストリアGP 6月28日(金) ~ 29日(土)6月30日(日)
第12戦イギリスGP 7月5日(金) ~ 6日(土)7月7日(日)
第13戦ハンガリーGP 7月19日(金) ~ 20日(土)7月21日(日)
第14戦ベルギーGP 7月26日(金) ~ 27日(土)7月28日(日)
第15戦オランダGP 8月23日(金) ~ 24日(土)8月25日(日)
第16戦イタリアGP 8月30日(金) ~ 31日(土)9月1日(日)
第17戦アゼルバイジャンGP 9月13日(金) ~ 14日(土)9月15日(日)
第18戦シンガポールGP 9月20日(金) ~ 21日(土)9月22日(日)
第19戦アメリカGP 10月18日(金) ~ 19日(土)10月20日(日)
第20戦メキシコGP 10月25日(金) ~ 26日(土)10月27日(日)
第21戦サンパウロGP 11月1日(金) ~ 2日(土)11月3日(日)
第22戦ラスベガスGP 11月21日(木) ~ 22日(金)11月23日(土)
第23戦カタールGP 11月29日(金) ~ 30日(土)12月1日(日)
第24戦アブダビGP 12月6日(金) ~ 7日(土)12月8日(日)