エラーコード %{errorCode}

モータースポーツ

【注目ドライバー】名門の看板を背負うチャールズ・ルクレール…2024年こそ主役になれるのか|フェラーリ|F1

DAZN NEWS
【注目ドライバー】名門の看板を背負うチャールズ・ルクレール…2024年こそ主役になれるのか|フェラーリ|F1DAZN
【注目ドライバー】王座打倒を目指すフェラーリ。ルクレールは2023年、5度PPも未勝利で、総合5位に終わった。2024年は再び王座争いに加わることができるのか。
▶▶▶DAZNの詳細をチェックする◀◀◀

経歴

ザウバーよりF1デビュー

2023-03-02 2015 Russell Leclerc Giovinazzi F3 Formula 3Getty Images

1997年生まれ、モナコ生まれのチャールズ・ルクレールは元レーシングドライバーのエルヴェを父に持ち、幼少期よりカートに親しみながら育つ。

フランスの下部カテゴリーで評価を高め、フォーミュラ・ルノー、フォーミュラ3、GP3シリーズ、F2と順調にステップアップしていった。

フェラーリ・ドライバー・アカデミーに2016年より属しており、スクーデリア・フェラーリの開発ドライバーに就任。同年のイギリスGPではハースよりフリー走行1回目に出走し、18番手のタイムをマークしている。

翌2017年はザウバーのリザーブドライバーとなるも、トップではレース出走のチャンスがなかった。2018年にはアルファロメオ・ザウバーF1チームと名称を変えたザウバーからフル参戦することが確定。マシンは戦力不足であることは否めず、第1戦から第3戦まで13位、12位、19位と入賞圏外ながらデビューから3レースで完走を果たす。迎えた第4戦アゼルバイジャンGPでは6位フィニッシュを果たし、初のポイントを手にしている。

このシーズンの最高位はこの6位だったが、10レースでポイント奪取を達成し、39ポイントでドライバーズランキング13位でシーズンを終えている。

また、この年の9月には2019年よりフェラーリのレギュラードライバーになることが発表され、2007年の王者キミ・ライコネンと入れ替わる形でイタリアの名門に身を投じる事になった。

フェラーリ1年目で元王者ベッテルを上回る活躍

フェラーリでは2010~2013年のドライバーズチャンピオン、セバスチャン・ベッテルと組むことになったが、ルクレールはトップチームでも序盤から非凡な才能を見せつける。

第2戦バーレーンGPでは予選Q1~Q3まですべてトップタイムをマークし、予選2位の先輩ベッテルを押しのけ、ポールポジションを獲得。決勝でルクレールは待望のF1初優勝が目前に迫るも、残り11周でまさかのスローダウン。ルクレールは順位を下げ、3位でのフィニッシュとなった。

その後ライバルチームのメルセデスが優勝を争う展開が続き、ルクレールはポイント争いで3番手争いに突入。中盤戦に入り、ルクレールは第13戦ベルギーGPでF1キャリア初勝利を果たすと、続く第14戦イタリアGPではフェラーリの母国で表彰台の頂点に立ち、2連勝をマークしている。また、第13戦~第16戦までルクレールは4レース連続でポールポジションを獲得するなど、一発勝負での才能を見せつけた。

このシーズン、ルクレールは同僚ベッテル、マックス・フェルスタッペンとポイントを争う展開となったが、第20戦ブラジルGPでは66周目のバックストレートでベッテルが同僚ルクレールを追い抜こうとして接触。ルクレールはマシンの右フロントが破損し、ベッテルは左リヤのタイヤバーストにより、まさかの同士討ちでダブルリタイアとなった(レースの90%以上を走行していたため両者完走扱い)。

結果としてこのシーズン、レッドブルのフェルスタッペンに先行を許す形になり、2勝のルクレールは年間4位、1勝のベッテルは年間5位でシーズンを終えることになった。なお、ルクレールはフェラーリ初年度ながら、全ドライバー最多となる7度のポールポジションをマークしている。

2020年はマシンのポテンシャル不足に泣く

2020-09-12 F1 Formula 1 Leclerc FerrariGetty Images

迎えた2020年は新型コロナウイルス感染拡大に伴い、開幕戦オーストラリアGP直前になりレースのキャンセルが決定。7月上旬までグランプリが開催できない未曾有の事態となった。

一方で5月12日、フェラーリは契約延長交渉のまとまらなかったベッテルが、今季限りでチームから離脱することを発表。その2日後の14日にはマクラーレンのカルロス・サインツを来季から迎え入れることを明らかにした。2021年よりフェラーリはルクレール&サインツのラインナップになることが早々に確定。

だが、いざ7月の開幕を迎えるとフェラーリのマシンはポテンシャル不足が顕著に。第1戦オーストリアGPでルクレールはそれでも予選7番手に付け、上位勢の自滅もあり、決勝では2位表彰台に上がった。

だがこの後フェラーリの苦戦は続き、昨季までの力関係上、3強の一角と目されていたフェラーリはマクラーレン、レーシング・ポイント、ルノーらにも見劣りする状況で、コンストラクターズランキングでも遅れを取った。結果的にルクレールはイギリスGPでも3位表彰台に上がり、2020シーズンは2度の表彰台を獲得。96ポイントを手にしてランキング8位となった。

フェラーリは1950年のF1初年度から唯一参戦し続けているチームであり、2020シーズンはF1参戦1000GP目を迎えることから、シャシー名はSF1000と付けられた。そして第9戦はトスカーナ・フェラーリ1000GPと冠されることに。フェラーリにとっては記念すべきシーズンでもあったが、チーム、ドライバーともに不本意な1年となってしまった。

2021年はサインツが同僚に

2021-03-12 Leclerc Sainz Ferrari  F1 Formula 1Getty Images

ベッテルが去った後の2021年、同僚はカルロス・サインツとなり、古株のルクレールはフェラーリの新エースとしてシーズンを迎えた。第5戦モナコGP、第6戦アゼルバイジャンGPでは2レース連続でポールポジションを獲得するなど、競争力を有していることを示した。

だがモナコGPでは日曜の決勝スタート前にドライブシャフトの問題が発覚し、スタートできずにレースを終える形に。地元でのポールスタートを生かすことができなかった。

イギリスGPでは2位表彰台に上がったものの、シーズンを通じて優勝を達成することができず。それでも2020年よりは多くのポイントを手にして、フェラーリ復活を予感させる戦いを見せた。

また、第21戦サウジアラビアGPを終えて158ポイントを手にし、ドライバーズランキング5位に着けていたが、最終アブダビGPでは10位フィニッシュ。このレースでサインツ、ランド・ノリスがより上位でレースを終えたため、この2人に抜かれて159ポイントの想像7位に順位を落として、2021年シーズンを終えた。

2022年は最速をアピールもフェルスタッペンに及ばず総合2位

2022-06-11 Leclerc Ferrari F1 Formula 1Getty Images

レギュレーションの大きく変わった2022年、フェラーリは明らかなポテンシャルアップを示し、開幕戦のバーレーンGPではルクレール&サインツの1-2フィニッシュという、最高の滑り出しを見せる。ルクレールは開幕3レースで2勝を収めるなど、同シーズンのチャンピオンシップで主役を演じるものと、この時点では思われた。

だが第4戦エミリア・ロマーニャGPからはレッドブル勢の快進撃が始まり、フェラーリは下降気味に。予選では一発の速さを示しながら、チーム戦略のミスなどもあって勝ちきれないレースが続く。

そして第17戦日本GPでルクレールはファイナルラップのシケインでオーバーランしたことにより、レース後3位に降着。これで5レースを残してフェルスタッペンの連覇が決まってしまった。

ルクレールは最後までセルジオ・ペレスと競り合い、なんとかドライバーズランキング2位の座を死守。シーズンを通じて3勝を収めた一方で、全ドライバー最多となる22戦中9度のポールポジションをマークしている。

2023年は5度のPPも未勝利、総合5位に終わる

2023-11-18 Leclerc Perez F1 Formula 1Getty Images

2023年、フェラーリはトップがマッティア・ビノットからフレディ・バスールへと変わった。復活に向けて期待が集まるフェラーリだったが、2023年は前年に比べて優勝争いに絡む機会が減少。ライバルチームのメルセデス、マクラーレン、アストンマーティンと第2勢力を競うような状況となった。

ルクレールはそんな中でも王者フェルスタッペンに次ぐ5度のPPを獲得するなど、一発の速さは示した。だがシーズンを通じて未勝利、最終戦ではポイント争いで逆転を許し、総合5位に終わっている。

2024年に入り、1月25日にルクレールはフェラーリと複数年の契約延長を結んだ。それから数日後、2月1日にフェラーリは2025年からルイス・ハミルトンが加わることを公表している。

ルクレールにとっては今季までサインツと、来季から7度王者のハミルトンとコンビを組むことになる。フェラーリのエースとしての力を示し続けるためにも、今季モナコ人ドライバーは、地力で跳ね馬を復活へ導きたいところだ。

プロフィール

チャールズ・ルクレール

2023-02-25 Leclerc Ferrari F1 Formula 1Getty Images

1997年10月16日生まれ|モナコ国籍|ザウバー(2018)、フェラーリ(2019~)

通算成績(2024年開幕時点)

  • 出走/125回 
  • 優勝/5回 
  • PP/23回 
  • FL/7回
チーム名勝利数年間成績
2018年ザウバー0勝13位
2019年フェラーリ2勝4位
2020年フェラーリ0勝8位
2021年フェラーリ0勝7位
2022年フェラーリ3勝2位
2023年フェラーリ0勝5位

2023年の成績

  • 年間:206ポイント/5位
  • 優勝/0回
  • PP/5回
  • FL/0回
レース名決勝順位
第1戦バーレーンGPRet.
第2戦サウジアラビアGP7位
第3戦オーストラリアGPRet.
第4戦アゼルバイジャンGP3位
第5戦マイアミGP7位
第6戦エミリア・ロマーニャGP【中止】 
第7戦モナコGP6位
第8戦スペインGP11位
第9戦カナダGP4位
第10戦オーストリアGP2位
第11戦イギリスGP9位
第12戦ハンガリーGP7位
第13戦ベルギーGP3位
第14戦オランダGPRet.
第15戦イタリアGP4位
第16戦シンガポールGP4位
第17戦日本GP4位
第18戦カタールGP5位
第19戦アメリカGPDSQ
第20戦メキシコGP3位
第21戦サンパウロGPDNS
第22戦ラスベガスGP2位
第23戦アブダビGP2位

関連記事

直近のDAZN番組表(F1)

DAZNについて

DAZNなら好きなスポーツをいつでも、どこでもライブ中継&見逃し配信!今すぐ下の記事をチェックしよう。

●  【番組表】直近の注目コンテンツは?
●  【お得】DAZNの料金・割引プランは?

チーム・ドライバー

日程・番組表

 レースフリー走行・予選決勝
第1戦バーレーンGP 2月29日(木) ~3月1日(金)3月2日(土)
第2戦サウジアラビアGP 3月7日(木) ~8日(金)3月9日(土)
第3戦オーストラリアGP 3月22日(金) ~ 3月23日(土)3月24日(日)
第4戦日本GP 4月5日(金) ~ 6日(土)4月7日(日)
第5戦中国GP4月19日(金) ~ 20日(土)4月21日(日)
第6戦マイアミGP 5月3日(金) ~ 4日(土)5月5日(日)
第7戦エミリア・ロマーニャGP 5月17日(金) ~ 18日(土)5月19日(日)
第8戦モナコGP 5月24日(金) ~ 25日(土)5月26日(日)
第9戦カナダGP 6月7日(金) ~ 8日(土)6月9日(日)
第10戦スペインGP 6月21日(金) ~ 22日(土)6月23日(日)
第11戦オーストリアGP 6月28日(金) ~ 29日(土)6月30日(日)
第12戦イギリスGP 7月5日(金) ~ 6日(土)7月7日(日)
第13戦ハンガリーGP 7月19日(金) ~ 20日(土)7月21日(日)
第14戦ベルギーGP 7月26日(金) ~ 27日(土)7月28日(日)
第15戦オランダGP 8月23日(金) ~ 24日(土)8月25日(日)
第16戦イタリアGP 8月30日(金) ~ 31日(土)9月1日(日)
第17戦アゼルバイジャンGP 9月13日(金) ~ 14日(土)9月15日(日)
第18戦シンガポールGP 9月20日(金) ~ 21日(土)9月22日(日)
第19戦アメリカGP 10月18日(金) ~ 19日(土)10月20日(日)
第20戦メキシコGP 10月25日(金) ~ 26日(土)10月27日(日)
第21戦サンパウロGP 11月1日(金) ~ 2日(土)11月3日(日)
第22戦ラスベガスGP 11月21日(木) ~ 22日(金)11月23日(土)
第23戦カタールGP 11月29日(金) ~ 30日(土)12月1日(日)
第24戦アブダビGP 12月6日(金) ~ 7日(土)12月8日(日)