エラーコード %{errorCode}

モータースポーツ

【2024】セナの死から30年…昨季は豪雨中止で2年ぶり開催のイモラ、第7戦エミリア・ロマーニャGP|開催日程・放送予定

DAZN NEWS
【2024】セナの死から30年…昨季は豪雨中止で2年ぶり開催のイモラ、第7戦エミリア・ロマーニャGP|開催日程・放送予定DAZN
2024シーズンF1(フォーミュラ1世界選手権グランプリ)第7戦エミリア・ロマーニャGPの開催日程・放送予定をお届け!イタリア・イモラでの一戦を楽しもう!
▶▶▶DAZNの詳細をチェックする◀◀◀

2023シーズンのF1は当初24戦で行われる見通しだったが、新型コロナウイルスの影響で中国GPが見送りとなり、エミリア・ロマーニャGPは豪雨災害により中止に。これで22戦での開催となった。

そして2024年は全24戦で実施される予定。これは過去最多のグランプリ数となる。

F1第7戦エミリア・ロマーニャGP 概要

コースの成り立ち

2020-10-28 Imola Senna Formula 1 F1

イモラでのF1レースは2020年に続き2021年は第2戦として、2022年は第4戦として、そして2023年は第6戦にセットされ、4年連続の開催に。だが実施直前の5月17日、当地エミリア・ロマーニャ州が大雨の影響による、深刻な水害被害が出ていることから開催がキャンセルとアナウンスされた。

レース開催日程・DAZN配信予定

第7戦エミリア・ロマーニャGP

日時配信内容解説・実況
5月17日(金)
 
フリー走行
1回目
 
5月17日(金)
 
フリー走行
2回目
 
5月18日(土)
 
フリー走行
3回目
 
5月18日(土)
 
予選 
5月19日(日)
 
決勝 

サーキット(イモラ・サーキット)

2020-10-28 Imola 13 Formula 1 F1

サーキット1周の長さは4.909kmで、ターンは19まで存在。周回数は63となる。

かつては高速サーキットとして知られたイモラだが、前述のとおり不幸なアクシデントを受け、1990年代半ばからは短い直線とシケインを組み合わせた特性のコースとなった。要所でのブレーキング、そしてバンピーな縁石に乗り上げないコース取りなどがポイントとなる。

イモラは伝統的に抜きどころが少ないサーキットでもあり、その傾向は14年ぶりのF1開催となった2020年も同様だった。それだけに予選時のグリッド順、そしてトラフィックを避けるタイヤ交換のタイミングなど、各チームの戦略性が大きく問われることになる。また、コース上での接近戦が多発するため、決勝ではセーフティーカーが入る可能性も十分にある。

DRS区間はホームストレートに設定されており、最終コーナーのバリアンテバッサからホームストレート、そしてタンブレロシケインへの飛び込みが最大の仕掛けどころとなる。2021年にはバルテリ・ボッタスとジョージ・ラッセルがコース幅の狭いターン1のDRS区間で接触し、両者もつれながら激しくクラッシュするという事例も起こった。

2022年 エミリア・ロマーニャGP順位・結果

2022-04-24 Verstappen Red Bull F1 Formula 1

現地イモラはレースの1時間ほど前まで小雨混じりの天候だったが、そこからは雨が降らず。路面はかなり乾いた状態で決勝の時間を迎える。

全車がインターミディエイトを選択してレースはブラックアウトに。3番手スタートのセルジオ・ペレスが抜群の蹴り出しを見せ、チャールズ・ルクレールを抜いて2番手に上がり、レッドブルの1-2でターン1に飛び込む。

そしてターン1~2にかけて、カルロス・サインツとダニエル・リカルドが接触。サインツがグラベルで動けず、レースはすぐさまセーフティーカーとなる。後方では12番手スタートの角田裕毅が10番手に順位を上げた。

5周目からローリングスタートでレース再開となり、角田はフェルナンド・アロンソを抜いて9番手となる。アロンソはオープニングラップの接触でボディ右カウルが破損していたことから、ここから順位を落としていき、ピットに入ってリタイアを選択した。

レース中盤に雨が降り出すとの天気予報があるため、各マシンはインターミディエイトを持たせながらラップを重ねる展開に。15/63周目あたりから、各マシンはインターミディエイトの周回ペースが下がってくる。だが第2スティントに切り替えるためのピットインがなかなかできないというもどかしい状況が続いた。

17周目、後方を走っているリカルドがここでドライのミディアムにタイヤを変更する。リカルドのレースペースがドライで一気に上がったことから、ここから各マシンはドライへとチェンジしていく。20周目までには全車がドライタイヤへと変更した。

トラック上はレコードラインが乾いてきた一方、コース上ではラインを外すと路面がまだ濡れていることから、ポジションの変動はあまり起こらず。

トップのマックス・フェルスタッペンがトップを独走し、8秒ほど後方に2番手ペレス、3番手ルクレールの3台だけが他より1ラップあたり1~2秒速いペースで周回を重ねる。4番手ランド・ノリスとなり、ジョージ・ラッセル、バルテリ・ボッタス、セバスチャン・ベッテル、ケビン・マグヌッセン、そして9番手に角田という順番でレースが進む。各マシンは雨が降らない限り、最終63周まで走り切る流れに。

40/63周目には、14番手走行中のルイス・ハミルトンにブルーフラッグが振られ、トップのフェルスタッペンにポジションを譲ってラップダウンになるという場面も。

9番手走行中の角田は7番手ベッテル、8番手マグヌッセンよりも速いペースでラップを重ねていき、46周目にはマグヌッセンの後方1秒以内に入る。48周目のストレートエンドで角田はマグヌッセンをパスし、8番手に浮上した。ここからは3秒前方の7番手ベッテルを追う展開に。

50周目、3番手走行のルクレールはミディアムの第2スティントに見切りを付け、ファステストラップ狙いのソフトにスイッチ。すると2番手走行中のペレスもソフトタイヤに変更する。今度はトップのフェルスタッペンもソフトタイヤに変え、上位3台がファステストラップ合戦に突入。

その直後、54周目の途中でルクレールがスピンを喫し、ウォールに接触してポジションを4番手に下げる。この後ピットに入り、フロントウイング&タイヤを交換。このタイミングのターン1で角田はベッテルをオーバーテイクし、ルクレールのピットストップもあり、一気に順位を6番手まで上げた。

前方ではフェルスタッペンが1分18秒台で周回し、ファステストラップをマークする。そして終盤に入り、6番手走行中の角田には、ポジションを落とした7番手ルクレールが迫ってくる。62周目のストレートエンドでルクレールが角田をパスし、角田は順位を7番手に落としてしまう。

結局レースはポールスタートのフェルスタッペンが一度もトップの座を譲らず、ファステストラップを獲得した状態でフィニッシュチェッカーを受け、グランドスラムで今季2勝目をマークした。2位にはペレスが入り、レッドブルの1-2となった。3位ノリスまでが表彰台に上がった。

4位ラッセル、5位ボッタス、6位ルクレールと続き、角田が7位フィニッシュで今季最高位。6ポイントを奪取し、2022年の総合点数を10点に伸ばした。これで12位フィニッシュとなった僚友ピエール・ガスリーの総合6ポイントを上回る形に。

8位ベッテル、9位マグヌッセン、10位ストロールまでが入賞となっている。

2022年第4戦エミリア・ロマーニャGP決勝結果

1/マックス・フェルスタッペン/レッドブル
2/セルジオ・ペレス/レッドブル
3/ランド・ノリス/マクラーレン
4/ジョージ・ラッセル/メルセデス
5/バルテリ・ボッタス/アルファロメオ
6/チャールズ・ルクレール/フェラーリ
7/角田裕毅/アルファタウリ
8/セバスチャン・ベッテル/アストンマーティン
9/ケビン・マグヌッセン/ハース
10/ランス・ストロール/アストンマーティン
11/アレクサンダー・アルボン/ウィリアムズ
12/ピエール・ガスリー/アルファタウリ
13/ルイス・ハミルトン/メルセデス
14/エステバン・オコン/アルピーヌ
15/チョウ・グァンユ/アルファロメオ
16/ニコラス・ラティフィ/ウィリアムズ
17/ミック・シューマッハ/ハース
18/ダニエル・リカルド/マクラーレン
-/フェルナンド・アロンソ/アルピーヌ
-/カルロス・サインツ/フェラーリ

関連記事

直近のDAZN番組表(F1)

DMM×DAZNホーダイなら月々割引&ポイント還元でお得!

dmm dazn

DAZNで配信しているスポーツは、DMMプレミアムとDAZN Standardがセットになった『DMM×DAZNホーダイ』でも視聴することができる。

通常DMMプレミアムとDAZNを別々に契約すると月額4,250円(税込)がかかるところ、『DMM×DAZNホーダイ』なら月々1,270円お得な月額2,980円(税込)で2サービスを楽しむことができる。

なお『DMM×DAZNホーダイ』は2024年3月1日より価格改定を行い、月額500円アップの3,480円(税込)となるが、2024年2月29日までに登録のうえ継続する場合は3月1日以降も旧価格の2,980円(税込)で利用できる 

通常DAZNからの切り替えも可能(一部は不可)なので、まずは公式サイトをチェックしてみてほしい。

?【DMM×DAZNホーダイがお得】今すぐ公式サイトから登録

DAZNについて

DAZNなら好きなスポーツをいつでも、どこでもライブ中継&見逃し配信!今すぐ下の記事をチェックしよう。

●  【番組表】直近の注目コンテンツは?
●  【お得】DAZNの料金・割引プランは?

チーム・ドライバー

日程・番組表

 レースフリー走行・予選決勝
第1戦バーレーンGP 2月29日(木) ~3月1日(金)3月2日(土)
第2戦サウジアラビアGP 3月7日(木) ~8日(金)3月9日(土)
第3戦オーストラリアGP 3月22日(金) ~ 3月23日(土)3月24日(日)
第4戦日本GP 4月5日(金) ~ 6日(土)4月7日(日)
第5戦中国GP4月19日(金) ~ 20日(土)4月21日(日)
第6戦マイアミGP 5月3日(金) ~ 4日(土)5月5日(日)
第7戦エミリア・ロマーニャGP 5月17日(金) ~ 18日(土)5月19日(日)
第8戦モナコGP 5月24日(金) ~ 25日(土)5月26日(日)
第9戦カナダGP 6月7日(金) ~ 8日(土)6月9日(日)
第10戦スペインGP 6月21日(金) ~ 22日(土)6月23日(日)
第11戦オーストリアGP 6月28日(金) ~ 29日(土)6月30日(日)
第12戦イギリスGP 7月5日(金) ~ 6日(土)7月7日(日)
第13戦ハンガリーGP 7月19日(金) ~ 20日(土)7月21日(日)
第14戦ベルギーGP 7月26日(金) ~ 27日(土)7月28日(日)
第15戦オランダGP 8月23日(金) ~ 24日(土)8月25日(日)
第16戦イタリアGP 8月30日(金) ~ 31日(土)9月1日(日)
第17戦アゼルバイジャンGP 9月13日(金) ~ 14日(土)9月15日(日)
第18戦シンガポールGP 9月20日(金) ~ 21日(土)9月22日(日)
第19戦アメリカGP 10月18日(金) ~ 19日(土)10月20日(日)
第20戦メキシコGP 10月25日(金) ~ 26日(土)10月27日(日)
第21戦サンパウロGP 11月1日(金) ~ 2日(土)11月3日(日)
第22戦ラスベガスGP 11月21日(木) ~ 22日(金)11月23日(土)
第23戦カタールGP 11月29日(金) ~ 30日(土)12月1日(日)
第24戦アブダビGP 12月6日(金) ~ 7日(土)12月8日(日)