エラーコード %{errorCode}

モータースポーツ

【2024】第6戦マイアミGP、今季はスプリントも実施&日本時間早朝の高速市街地決戦…マイアミ・インターナショナル・オートドローム|開催日程・放送予定

DAZN NEWS
【2024】第6戦マイアミGP、今季はスプリントも実施&日本時間早朝の高速市街地決戦…マイアミ・インターナショナル・オートドローム|開催日程・放送予定DAZN
2024シーズンF1(フォーミュラ1世界選手権グランプリ)第6戦マイアミGPの開催日程・放送予定をお届け!
▶▶▶DAZNの詳細をチェックする◀◀◀

2023シーズンのF1は当初24戦で行われる見通しだったが、新型コロナウイルスの影響で中国GPが見送りとなり、エミリア・ロマーニャGPは豪雨災害により中止に。これで22戦での開催となった。

そして2024年は全24戦で実施される予定。これは過去最多のグランプリ数となる。

F1第6戦マイアミGP 概要

近日掲載予定

コースの成り立ち

2022-05-05 Miami International Autodrome Circuit F1 Formula 1Getty Images

NFLマイアミ・ドルフィンズの本拠地、ハードロック・スタジアムを取り囲むように設計されたマイアミ・インターナショナル・オートドロームで、2022年よりマイアミGPは開催されている。

マイアミGPの開催構想は2018年ごろから浮上し、自治体や地域住民との交渉が行われていた。しかしその機運は反対運動によって一度頓挫したものの、コースレイアウトを変更することで、2022年から10年の開催契約が締結された。

開催にあたり、騒音を配慮して付近の学校の授業を避けるため、金曜の走行を現地時間15時以降に行うなど、市街地レースで課題となる問題に対して真摯に向き合い、地域住民への配慮にも重点が行われたという。

マイアミは、アメリカのF1開催地としては11カ所目となり、2023シーズンはさらにラスベガスGPも追加。アメリカGPが行われるサーキット・オブ・ジ・アメリカズ、ラスベガスとともに、アメリカ国内では同一シーズンで3つのレースが開催されることに。2024年は米国内での3開催継続で2年目となる。

第6戦:マイアミGP/放送予定

日時内容解説・実況
5月3日(金)
 
フリー走行
 
 
5月3日(金)
 
スプリントシュートアウト 
5月4日(土)
 
スプリントレース
 
5月4日(土)
 
予選 
5月5日(日)
 
決勝 

サーキット:マイアミ・インターナショナル・オートドローム

2022-04-19 Miami Miami International Autodrome circuit F1 Formula 1DAZN|Getty Images

ハードロック・スタジアムの周囲に建設された全長5.41kmの仮設サーキット。3つのロングストレートと19のコーナーで構成され、最高速は時速320kmに迫る高速特性の強いトラックで、決勝は57周で行われる。

2022年からはグランドエフェクト要素が強まったこともあり、接近戦が容易に。高速コーナーが連続するセクター1での超高速バトルが期待できる。

DRSはセクター2のターン9~11にかけてのロングストレート区間、ターン16~17のバックストレート、そして最終ターン19からホームストレート、ターン1までに至る3カ所が設定されており、3つのDRSを駆使した駆け引きも勝負を分ける重要なポイント。バックストレートのDRSで意図的に抜かず後ろに着け、ホームストレート上でオーバーテイクを仕掛け、ターン1でインに飛び込んで仕留めるというシーンも散見される。

高速特性が強い一方で、ターン13から16にかけての独特な低速セクションのレイアウトをF1マシンが駆け抜ける姿も見どころの1つと言える。

また、初開催の2022年はコース外走行のトラックリミット違反となるケースが多発。タイムペナルティが頻発したこともあり、各ドライバーのライン取り&駆け引きも要注目だ。

2022年のレース結果

2022-05-08 Verstappen Red Bull F1 Formula 1Getty Images

決勝では燃料系のトラブルにより、アストンマーティンの2台がピットレーンからのスタートを選択。これで10番グリッド(ランス・ストロール)、13番グリッド(セバスチャン・ベッテル)は空白となった。

多くのマシンがミディアムタイヤをチョイスする一方、後方のマシンの中にはハードを第1スティントに選ぶドライバーも。

スタートでは3番手スタートのマックス・フェルスタッペンが良い蹴り出しを見せ、2番手に浮上してターン1に飛び込む。中団では11番手スタートのフェルナンド・アロンソが7番手までジャンプアップさせ、オープニングラップを終えた。

9番手スタートの角田裕毅はこれにより10番手に順位を下げ、6周目にはミック・シューマッハとの軽い接触もあり、ハースの2台に抜かれて順位を12番手まで落とす。後方では7周目にチョウ・グァンユがマシントラブルでリタイアを選択した。

9周目のホームストレート上で2番手フェルスタッペンがポールスタートのチャールズ・ルクレールを抜き、トップに浮上する。

13番手走行中の角田が12/57周目、全車の中で最初にピットインを行い、ミディアムからハードの第2スティントへとつないだ。24周目にルクレール、26周目にフェルスタッペン、28周目にカルロス・サインツ&セルジオ・ペレスがそれぞれハードに履き替え、トップ4はフェルスタッペン、ルクレール、サインツ、ペレスの順番に。ここからは最終57周まで走り切る流れとなる。

9番手争いをしていたピエール・ガスリーとフェルナンド・アロンソが39周目に接触し、ガスリーはこれでペースを大きく下げる。

すると41周目にガスリーとランド・ノリスが接触し、ノリスがスピンしてマシンをストップさせる。これでバーチャルセーフティーカー導入からのセーフティーカー移行となった。ここでトップ4ではペレスのみがミディアムにタイヤチェンジを行い、4番手のままでトップとの差が一気に縮まることに。角田もここでハードからソフトに変え、第3スティントに入った。

47/57周目からローリングスタートでレースが再開となり、49周目からDRSが使用可能に。フェルスタッペンvsルクレールのトップ争い、サインツvsペレスの3番手争い、ジョージ・ラッセルvsルイス・ハミルトンの5番手争いがそれぞれ接近戦となる。

54周目には9番手でF1キャリア初入賞目前だったミック・シューマッハが、同胞の先輩ベッテルと接触。ベッテルはピットでマシンをストップさせ、ミックも大きく順位を下げた。

結局レースはフェルスタッペンが逆転勝利を飾り、今季3勝目をマーク。ファステストラップも記録し、26ポイントを獲得している。2位ルクレール、3位サインツまでが表彰台に上がった。

4位ペレス、5位ラッセル、6位ハミルトン、7位バルテリ・ボッタス、8位エステバン・オコン、9位アレクサンダー・アルボン、10位ランス・ストロールまでが入賞となった。

角田は一時17番手でラップダウンとなったが、セーフティーカーのタイミングで追い抜きが許され、隊列の後方に戻ったあとシューマッハとベッテル、マグヌッセンが接触によりポジションを落とし、ダニエル・リカルドにコース外走行での5秒タイムペナルティが科されたこともあり、12位まで順位を戻しての完走となっている。

また、9番手でフィニッシュしたフェルナンド・アロンソはコース外走行の5秒タイム加算により、11位に降格となったことがレース後にアナウンスされた。

2022年第5戦マイアミGP決勝結果

1/マックス・フェルスタッペン/レッドブル
2/チャールズ・ルクレール/フェラーリ
3/セルジオ・ペレス/レッドブル
4/カルロス・サインツ/フェラーリ
5/ジョージ・ラッセル/メルセデス
6/ルイス・ハミルトン/メルセデス
7/バルテリ・ボッタス/アルファロメオ
8/エステバン・オコン/アルピーヌ
9/アレクサンダー・アルボン/ウィリアムズ
10/ランス・ストロール/アストンマーティン

関連記事

直近のDAZN番組表(F1)

DMM×DAZNホーダイなら月々割引&ポイント還元でお得!

dmm dazn(C)DMM.com

DAZNで配信しているスポーツは、DMMプレミアムとDAZN Standardがセットになった『DMM×DAZNホーダイ』でも視聴することができる。

通常DMMプレミアムとDAZNを別々に契約すると月額4,250円(税込)がかかるところ、『DMM×DAZNホーダイ』なら月々1,270円お得な月額2,980円(税込)で2サービスを楽しむことができる。

なお『DMM×DAZNホーダイ』は2024年3月1日より価格改定を行い、月額500円アップの3,480円(税込)となるが、2024年2月29日までに登録のうえ継続する場合は3月1日以降も旧価格の2,980円(税込)で利用できる 

通常DAZNからの切り替えも可能(一部は不可)なので、まずは公式サイトをチェックしてみてほしい。

?【DMM×DAZNホーダイがお得】今すぐ公式サイトから登録

DAZNについて

DAZNなら好きなスポーツをいつでも、どこでもライブ中継&見逃し配信!今すぐ下の記事をチェックしよう。

●  【番組表】直近の注目コンテンツは?
●  【お得】DAZNの料金・割引プランは?

チーム・ドライバー

日程・番組表

 レースフリー走行・予選決勝
第1戦バーレーンGP 2月29日(木) ~3月1日(金)3月2日(土)
第2戦サウジアラビアGP 3月7日(木) ~8日(金)3月9日(土)
第3戦オーストラリアGP 3月22日(金) ~ 3月23日(土)3月24日(日)
第4戦日本GP 4月5日(金) ~ 6日(土)4月7日(日)
第5戦中国GP4月19日(金) ~ 20日(土)4月21日(日)
第6戦マイアミGP 5月3日(金) ~ 4日(土)5月5日(日)
第7戦エミリア・ロマーニャGP 5月17日(金) ~ 18日(土)5月19日(日)
第8戦モナコGP 5月24日(金) ~ 25日(土)5月26日(日)
第9戦カナダGP 6月7日(金) ~ 8日(土)6月9日(日)
第10戦スペインGP 6月21日(金) ~ 22日(土)6月23日(日)
第11戦オーストリアGP 6月28日(金) ~ 29日(土)6月30日(日)
第12戦イギリスGP 7月5日(金) ~ 6日(土)7月7日(日)
第13戦ハンガリーGP 7月19日(金) ~ 20日(土)7月21日(日)
第14戦ベルギーGP 7月26日(金) ~ 27日(土)7月28日(日)
第15戦オランダGP 8月23日(金) ~ 24日(土)8月25日(日)
第16戦イタリアGP 8月30日(金) ~ 31日(土)9月1日(日)
第17戦アゼルバイジャンGP 9月13日(金) ~ 14日(土)9月15日(日)
第18戦シンガポールGP 9月20日(金) ~ 21日(土)9月22日(日)
第19戦アメリカGP 10月18日(金) ~ 19日(土)10月20日(日)
第20戦メキシコGP 10月25日(金) ~ 26日(土)10月27日(日)
第21戦サンパウロGP 11月1日(金) ~ 2日(土)11月3日(日)
第22戦ラスベガスGP 11月21日(木) ~ 22日(金)11月23日(土)
第23戦カタールGP 11月29日(金) ~ 30日(土)12月1日(日)
第24戦アブダビGP 12月6日(金) ~ 7日(土)12月8日(日)