エラーコード %{errorCode}

モータースポーツ

【2024】勢力図に大きな変動はあるのか…今季は土曜日が決勝、大注目のF1開幕戦バーレーンGP|開催日程・放送予定

DAZN NEWS
【2024】勢力図に大きな変動はあるのか…今季は土曜日が決勝、大注目のF1開幕戦バーレーンGP|開催日程・放送予定DAZN
2024シーズンF1(フォーミュラ1世界選手権グランプリ)第1戦バーレーンGPの開催日程・放送予定をお届け!新シーズンのF1も楽しもう!
▶▶▶DAZNの詳細をチェックする◀◀◀

2023シーズンのF1は当初24戦で行われる見通しだったが、新型コロナウイルスの影響で中国GPが開催見送りとなり、エミリア・ロマーニャGPは豪雨災害により中止に。これで22戦での実施となった。

そして2024年は全24戦で実施される予定。これは過去最多のグランプリ数となる。

なお、第1戦バーレーンGP、第2戦サウジアラビアGPと開幕2戦までは土曜日が決勝実施日となる。3月途中からラマダンの時期に入るため、その前の序盤2レースは決勝日が従来の前日にスライドすることに。

F1第1戦バーレーンGP 概要

後日記載予定

レース開催日程・DAZN配信予定

第1戦バーレーンGP / バーレーン・インターナショナル・サーキット

日時内容解説・実況
2月29日(木)
 
フリー走行1回目
【F1 ZONE】
 
2月29日(木)
 
フリー走行2回目
【F1 ZONE】
 
3月1日(金)
 
フリー走行3回目
【F1 ZONE】
 
3月1日(金)
 
予選
【F1 ZONE】
 
3月2日(土)
 
決勝
【F1 ZONE】
 


2020-11-26 15 Bahrain International Circuit

ヘルマン・ティルケの設計のもと、バーレーンの砂漠のなかに建設された1周5,412mのサーキット。コース幅が広く、ランオフエリアも広いため、アグレッシブなバトルが見られるのも魅力のひとつだ。ただし、レコードライン以外は砂が蓄積してダーティーになっているので、グリップ力が大幅に落ちる。

4つのロングストレートと15のコーナーで結んだレイアウトは、ストレートエンドでの追い抜きが可能なため、1コーナーや4コーナーで頻繁にオーバーテイクが繰り広げられる。2022年からはグランドエフェクトの要素が強まったこともあり、ターン1で抜いてもターン4で抜き返されるというケースが多発。ターン1のロングストレートエンドでまだ抜かず、ターン4の飛び込みで満を持して仕留めるという場面が目立った。

2021年にはデビュー戦の角田裕毅がターン9~10にかけてのクロスラインでジョージ・ラッセルを抜いたことも。ストレートエンド以外でも要所でバトルの見られるトラックでもある。

2023年 バーレーンGP結果

2023-03-05 Verstappen Red Bull F1 Formula 1

シーズン初戦のバーレーンGP決勝で、各ドライバーは19人が第1スティントにソフトタイヤを選択。17番グリッドのケビン・マグヌッセンのみがハードを選んだ。

レースがブラックアウトとなり、大きな混乱なくターン1へと各マシンが飛び込んでいく。マックス・フェルスタッペン、チャールズ・ルクレール、セルジオ・ペレス、カルロス・サインツの順番でオープニングラップを終えた。14番手スタートの角田裕毅は15番手にポジションを落とした。

トップのフェルスタッペンが2番手ルクレールを徐々に突き放し、8/57周には約5秒差をつける。後方では角田がニコ・ヒュルケンベルグを抜き、14番手にポジションを戻した。

ピエール・ガスリーが10周目で早くもピットに入り、ソフトからハードへとつなぐ。角田裕毅も11周目にピットへと入り、ハードの第2スティントに入った。

15/57周目にトップのフェルスタッペンはピットに入り、ソフトからソフトに交換。ここでオスカー・ピアストリはピットに入り、マシントラブルでそのままリタイアを余儀なくされた。ほとんどのドライバーが第2スティントに入った17/57周時点で、角田は11番手まで順位を上げている。

18周目に入ったところでまだタイヤを交換していなかったペレスがピットに入り、こちらもソフトからソフトにつなぐ。ハードを履いたルクレールの約4秒後ろでトラックに戻り、ここから追い上げていく。26周目のターン1でルクレールをパスし、ペレスが2番手に浮上した。

5番手争いはルイス・ハミルトンとフェルナンド・アロンソ、7番手争いはジョージ・ラッセルとランス・ストロールと、メルセデスvsアストンマーティンの構図が続く。

28周目に角田は第3スティントに入るも、ピットアウトのタイミングで元僚友のガスリーにアンダーカットを許してしまう。ここから角田は前にいるアレクサンダー・アルボンとガスリーを追う流れとなった。ここが事実上の入賞圏内争いとなる。

上位勢も2度目のタイヤ交換に入っていき、37/57周目にはすべてのマシンが第3スティントとなり、ここから最後まで走り切る流れとなる。

トップはフェルスタッペンで、12秒後方に2番手ペレス、さらに10秒差で3番手ルクレール、その9秒後方にサインツと、レッドブル1-2、フェラーリ3-4の順列に。5番手争いではハミルトンvsアロンソという長年のライバル2人が抜きつ抜かれつのバトルを展開した。

すると41/57周目、ターン13を抜けたところで3番手ルクレールのマシンが突如ノーパワーとなり、コース脇でマシンをストップさせた。これでバーチャルセーフティーカー導入となっている。

その直後にアルボン、ガスリー、角田がそろってピットイン。その後に続くドライバーも続々タイヤ交換へと入ってきた。角田はピットでやや時間を要したこともあり、アルボン&ガスリーとの差が開き、チョウ・グァンユ&ニック・デ・フリースの後ろでピットアウトとなった。

バーチャルセーフティーカー明けのターン1~4にかけてチョウ&デ・フリースの2台を抜き、角田は再び11番手までポジションを戻した。ここから3秒前のアルボンを追う。

3番手争いではサインツの1秒後ろにアロンソが迫ってきた。46周目のターン11でアロンソは同胞サインツを抜いて3番手に浮上している。

トップはフェルスタッペンが一人旅状態でトップを独走し、クルージングをしながらフィニッシュチェッカーを受け、開幕戦でポールトゥウィンとなった。2位は12秒差でペレス、さらにそこから26秒差でアロンソが3位フィニッシュを果たしている。

4位サインツ、5位ハミルトン、6位ストロール、7位ラッセルとなり、今季はアストンマーティン勢を加えた4強の様相となっている。8位ボッタス、9位ガスリー、10位アルボンまでが入賞となった。

角田は終盤にアルボンの後方でDRS圏内に入るも、最後まで抜くことができず11位フィニッシュとなった。結果的にバーチャルセーフティーカー時ピットインのタイムロスが響き、3年連続の開幕戦入賞を逸している。

関連記事

直近のDAZN番組表(F1)

DMM×DAZNホーダイなら月々割引&ポイント還元でお得!

dmm dazn

DAZNで配信しているスポーツは、DMMプレミアムとDAZN Standardがセットになった『DMM×DAZNホーダイ』でも視聴することができる。

通常DMMプレミアムとDAZNを別々に契約すると月額4,250円(税込)がかかるところ、『DMM×DAZNホーダイ』なら月々1,270円お得な月額2,980円(税込)で2サービスを楽しむことができる。

なお『DMM×DAZNホーダイ』は2024年3月1日より価格改定を行い、月額500円アップの3,480円(税込)となるが、2024年2月29日までに登録のうえ継続する場合は3月1日以降も旧価格の2,980円(税込)で利用できる 

通常DAZNからの切り替えも可能(一部は不可)なので、まずは公式サイトをチェックしてみてほしい。

?【DMM×DAZNホーダイがお得】今すぐ公式サイトから登録

DAZNについて

DAZNなら好きなスポーツをいつでも、どこでもライブ中継&見逃し配信!今すぐ下の記事をチェックしよう。

●  【番組表】直近の注目コンテンツは?
●  【お得】DAZNの料金・割引プランは?

チーム・ドライバー

日程・番組表

 レースフリー走行・予選決勝
第1戦バーレーンGP 2月29日(木) ~3月1日(金)3月2日(土)
第2戦サウジアラビアGP 3月7日(木) ~8日(金)3月9日(土)
第3戦オーストラリアGP 3月22日(金) ~ 3月23日(土)3月24日(日)
第4戦日本GP 4月5日(金) ~ 6日(土)4月7日(日)
第5戦中国GP4月19日(金) ~ 20日(土)4月21日(日)
第6戦マイアミGP 5月3日(金) ~ 4日(土)5月5日(日)
第7戦エミリア・ロマーニャGP 5月17日(金) ~ 18日(土)5月19日(日)
第8戦モナコGP 5月24日(金) ~ 25日(土)5月26日(日)
第9戦カナダGP 6月7日(金) ~ 8日(土)6月9日(日)
第10戦スペインGP 6月21日(金) ~ 22日(土)6月23日(日)
第11戦オーストリアGP 6月28日(金) ~ 29日(土)6月30日(日)
第12戦イギリスGP 7月5日(金) ~ 6日(土)7月7日(日)
第13戦ハンガリーGP 7月19日(金) ~ 20日(土)7月21日(日)
第14戦ベルギーGP 7月26日(金) ~ 27日(土)7月28日(日)
第15戦オランダGP 8月23日(金) ~ 24日(土)8月25日(日)
第16戦イタリアGP 8月30日(金) ~ 31日(土)9月1日(日)
第17戦アゼルバイジャンGP 9月13日(金) ~ 14日(土)9月15日(日)
第18戦シンガポールGP 9月20日(金) ~ 21日(土)9月22日(日)
第19戦アメリカGP 10月18日(金) ~ 19日(土)10月20日(日)
第20戦メキシコGP 10月25日(金) ~ 26日(土)10月27日(日)
第21戦サンパウロGP 11月1日(金) ~ 2日(土)11月3日(日)
第22戦ラスベガスGP 11月21日(木) ~ 22日(金)11月23日(土)
第23戦カタールGP 11月29日(金) ~ 30日(土)12月1日(日)
第24戦アブダビGP 12月6日(金) ~ 7日(土)12月8日(日)