DAZN News

【コラム】 圧巻だった遠藤と守田のダブルボランチ。無意識レベルの補完関係がいい守備からいい攻撃を体現した | 日本代表

読了時間 4分
2022_09_24_japan_endo_morita (C)Getty Images


▶▶▶DAZNの詳細をチェックする◀◀◀

素晴らしい補完関係だった。アメリカ戦でダブルボランチを務めた遠藤航と守田英正のことだ。

この試合の日本は、アジア最終予選から基本システムとして採用してきた[4-3-3]ではなく、かつて長く使っていた[4-2-3-1]へ変更。2列目に攻撃に特徴のある選手が並ぶなか、ダブルボランチには守備能力の高い二人を配置した。

チームとして非ボール保持の戦術を組み立ててきたことも大きなポイントだが、前線から連動してプレスをかけていく中で、中盤の二人がその流れを踏まえつつポジションを取りボールを奪取。奪っては素早く前に運ぶことでチャンスを構築していく。特に守田は奪う前段階から周りの動きを視野に入れ、ダイレクトパスで相手に戻る時間を与えないことでビッグチャンスにつなげるなど、攻撃へのスイッチとしても機能していた。

一方の遠藤は広範囲に動きながら相手のボールを回収。自分のエリアから離れて行ったとしても、そのスペースはうまく守田が埋める。攻撃に出ていく時もお互いがお互いを見ながらポジション取りを行っており、アメリカがなかなか中央から攻略できない一因となっていた。

誰が見ても見事な補完関係だったわけだが、本人たちもそこに手応えを感じている。

「分析で相手のインサイドハーフが自分たちのサイドバックへプレッシャーに来ることは分かっていたので、自分たちがその後にうまくボールを受けられればと考えていて、そこはうまくやれたと思う。もちろん、僕ら2人だけでなく、(鎌田)大地とのポジショニングや、センターバックのボールの出し方を含めて、そこの距離感は僕とモリ(守田)のところでうまく近くして、相手を揺さぶりながらできたと思う」(遠藤航)

「僕がダブルボランチの感覚で低く立ち位置をとって、(遠藤)航くんが結構いい形で潰せて、前向きで奪っていた。特に後半はダブルボランチの関係性で僕が(中を)締めることはうまく整理できていたと思います。たぶん、航くんも僕と組んでいたら安心していると思うし、だからこそ、前に行きやすいと思います。僕も航くんが6番みたいなポジションを取ってるときは、前に行きやすいですし、そこをうまく補完しながら、意識的にではなくて無意識のレベルでできていると思います」(守田英正)​​

久々に組んだダブルボランチで無意識レベルの補完関係を見せるのは、そう簡単なことではない。普段、ドイツやポルトガルでプレーする二人は、さまざまなタイプの選手と中盤を組むようになった。その上で、その場に応じて仲間の特徴を踏まえ、味方を助けながら自分のプレーを出すことに焦点を置いてきたからこそ、今回のように急にコンビを組んでも素晴らしいパフォーマンスを披露できたのだ。

いい守備からいい攻撃を目指す森保ジャパンのサッカーにおいて欠かせない二人。遠藤と守田のダブルボランチがこれからどこまで成熟していくか楽しみだ。

文・林遼平

埼玉県出身の1987年生まれ。東日本大震災を機に「あとで後悔するならやりたいことはやっておこう」と憧れだったロンドンへ語学留学。2012年のロンドン五輪を現地で観戦したことで、よりスポーツの奥深さにハマることになった。帰国後、フリーランスに転身。サッカー専門新聞「エルゴラッソ」の番記者を経て、現在は様々な媒体で現場の今を伝えている。

関連記事

サッカー日本代表|エクアドル戦のキックオフ時間・試合日程・招集メンバー

DAZNについて

DAZNなら好きなスポーツをいつでも、どこでもライブ中継&見逃し配信!今すぐ下の記事をチェックしよう。

●  【番組表】直近の注目コンテンツは?
●  【お得】DAZNの料金・割引プランは?


2022Jリーグ関連ページ

2022 Jリーグ  ( 日程・結果 |  総合 J1 |  J2  |  J3

J1

J2

J3

最新ニュース