エラーコード %{errorCode}

モータースポーツ

【注目チーム】古豪の完全復活は間近か…実力者ノリス&有望株ピアストリのセットで王座争い返り咲きへ|マクラーレン|F1

DAZN NEWS
【注目チーム】古豪の完全復活は間近か…実力者ノリス&有望株ピアストリのセットで王座争い返り咲きへ|マクラーレン|F1Getty Images
【F1注目チーム】2021年は総合4位、2022年は総合5位、2023年4位と中団勢では上位ながら、なかなかチャンピオン争いに加わることができていないマクラーレン。2024年こそ名門復活となるのか。
▶▶▶DAZNの詳細をチェックする◀◀◀

歴史

2021-08-25 1985 Dutch Grand Prix Lauda Prost SennaGetty Images

マクラーレンF1チームは、1966年に創設者ブルース・マクラーレンのチームとしてF1に参戦し、現在に至るまで半世紀以上もの間、プライベーターチームとしてF1の世界で戦い続けている。

そんな彼らの黄金期は1980年代に訪れた。1984年には全16戦のうち12勝を挙げ、1974年の初タイトル以来、2度目のコンストラクターズタイトルを獲得。1988年には、アイルトン・セナとアラン・プロストを擁し、ホンダのエンジンを搭載して16戦15勝という驚異的な成績を残すなど、日本でのF1ブームの火付け役にもなった。

マクラーレンは1984年から91年までの8シーズンで、4連覇を含む6度のコンストラクターズタイトルと7度のドライバーズタイトルを手に入れた。

また、1990年代後半には、フィンランド人のミカ・ハッキネン(マクラーレン)とドイツ人のミハエル・シューマッハ(フェラーリ)が熾烈なチャンピオン争いを繰り広げるなど、マクラーレンはF1界を代表する有力チームのひとつとして、常に存在感を発揮していた。2008年にはデビュー2年目のルイス・ハミルトンがマクラーレン・メルセデスを駆り、ワールドチャンピオンに輝いている。

かつての名門が低迷期に

だが2013年、このシーズンは2006年以来となる未勝利で終えると、成績は徐々に低迷。2015年からは1992年以来となるホンダのパワーユニットと再びタッグを組むも結果は出ず、苦しい戦いを続けていた。2018年からはエンジンをルノーに変え、翌2019年からはドライバーやチーム体制を一新。その効果もあり、年間未勝利ながらも2013年以降では最高位となるコンストラクターズ4位でシーズンを終えた。

2020年は復活の兆しを見せる

2020-10-28 Sainz Formula 1 F1Getty Images

2019年から引き続き、カルロス・サインツとランド・ノリスという若いコンビでのシーズンとなった2020年は、新型コロナウイルス感染拡大に伴い開幕が7月へと後ろ倒しとなる事態に。

その間の2020年5月、フェラーリはセバスチャン・ベッテルが今季限りで離脱することを公表し、その穴埋め役として2021シーズンからマクラーレンのカルロス・サインツがフェラーリへ移籍すると発表された。そしてマクラーレンのシートには、ルノーのダニエル・リカルドが収まることに。2020年はシーズン開幕前にして、早くも2021年の玉突き移籍が確定するという状況となった。

迎えた2020シーズンは開幕のオーストリアGPでいきなりランド・ノリスが3位表彰台に上がり、上々の滑り出しを見せる。第8戦イタリアGPではピエール・ガスリーにF1初優勝を許したものの、カルロス・サインツがあわや優勝という猛追を見せ、2位でのフィニッシュを果たした。

レーシング・ポイント、ルノーとのコンストラクターズ3位争いは三つ巴の様相となり、終盤にはレーシング・ポイントとのマッチレースがし烈を極めた。互いに3番手ポジションを奪い合う好勝負となり、結局最終戦のアブダビGPでダブル入賞を果たしたこともあり、マクラーレンはコンストラクターズ3位で2020シーズンを終えた。このポジションは2012年以来8季ぶりのこと。

そして完全復活を期す名門マクラーレンは、2021シーズンよりパワーユニットをメルセデスに変更することとなった。メルセデス、アストンマーティンと同一ながら、現代のF1界で大きなアドバンテージを証明しているメルセデスエンジンでさらなる復権を狙うことに。

2021年は9年ぶりのPP、9年ぶりの優勝を達成

2021-09-12 Ricciardo Norris McLaren F1 Formula 1Getty Images

迎えた2021年はノリス&リカルドのコンビとなり、このシーズンマクラーレン最大のハイライトと言えるのがイタリアGPの1-2フィニッシュだろう。この決勝レースでは1コーナーのシケインでマックス・フェルスタッペンとルイス・ハミルトンが接触により両者リタイアというアクシデントもあり、そのチャンスに乗じてリカルドとノリスが優勝を争う展開に。

結果としてチームとしても同士討ちを嫌ったためにリカルド-ノリスの順番は変わらなかったが、リカルドとノリスがワン・ツーフィニッシュを達成。これはマクラーレンとして2012年以来となる9年ぶりの優勝となった。

そしてロシアGPでは、ノリスがマクラーレンとして9年ぶりとなるポールポジションを獲得。決勝でもノリスはラップリーダーとして周回を重ね、悲願の初優勝は目前かと思われた。だが現地ロシア・ソチは突如雨脚が強まり、ノリスはピットからのタイヤ交換指示を断固拒否。後方にいたハミルトンはインターミディエイトに履き替え、ノリスを追った。すると路面が完全にウェットとなったこともあり、ノリスは周回するだけでも一苦労。ハミルトンがノリスを難なくパスして、ノリスは土壇場の雨で初Vを逃す結末となった。

また、マクラーレンはシーズン終盤に安定してポイントを稼ぐことができず275ポイントで2021年シーズン終了となる。メルセデス、レッドブル、フェラーリに次ぐコンストラクターズ4番手でシーズンを終えた。ノリスは160ポイントで個人6位、リカルドは115ポイントで個人8位という内容となっている。

2022年は総合5位にポジションダウン

2022-07-13 Ricciardo Norris McLaren F1 Formula 1Getty Images

2021年はイタリアGPで優勝を果たし、名門復活を強調したマクラーレン。続く2022年もノリス&リカルドのセットで挑んだが、ノリスが気を吐いた一方でリカルドはなかなか入賞圏内でフィニッシュすることができず、チームとしては前年から116ポイントも減少してのフィニッシュとなった。コンストラクターズ順位も4位から5位へとポジションダウンしている。

ノリスは122ポイントを稼ぎ、第4戦エミリア・ロマーニャGPでは3位入賞を果たした。上位3チーム(レッドブル、フェラーリ、メルセデス)の6人以外で、2022年唯一表彰台に上がったドライバーとなった。これは同シーズン、3強とそれ以外のチームで戦力差が大きく開いたという事実を物語っている。ノリスはその3チーム6人に次ぐドライバーズランキング7位でシーズンを終えている。

2021年に115ポイントを稼いだリカルドは、2022年は7度の入賞で37ポイントという結果だった。総合11位ながら、これはアルピーヌ勢の2人、アルファロメオのバルテリ・ボッタスよりも下の順位となる。参戦レースが2つ少ない(新型コロナウイルス感染による欠場)アストンマーティンのセバスチャン・ベッテルと同一ポイントだった。

結果としてリカルドは契約期間内ながら双方合意により契約解除に。マクラーレンは2023年、オスカー・ピアストリをレギュラードライバーとして迎え入れることになった。

大型アップデートが成功…2023年はイギリスGPからV字回復

2023-10-18 Piastri Norris McLaren F1 Formula 1Getty Images

2023年の序盤は予選及び決勝において、下位争いの一角になるなど、なかなか厳しい立ち上がりとなった。

それでも24歳の実力者ノリスと22歳新人ピアストリは存在感を示す戦いを見せていった。そして大型アップデートを入れたイギリスGP以降はポテンシャルアップが明確に。ノリスはここから7度表彰台に上がっている。

一方ピアストリも新人離れした安定感、一発の速さを示し、カタールGPのスプリントレースではマックス・フェルスタッペンの猛追をしのぎ切ってトップチェッカーを受けた。このスプリントではそのフェルスタッペンが同年のドライバーズチャンピオンシップ3連覇を決めたためにピアストリへの注目度は減少してしまったが、オーストラリア人ドライバーにとっては改めて優れた資質を示した一戦となった。

後半戦の巻き返しが奏功したマクラーレンは2023年、総合4位でシーズンを終えた。昨季の勢いを2024年も継続させることができるのか、ノリス&ピアストリという若手の実力者2人がどのようなシーズンを送るのか2024年も見逃せない。

ドライバー

ランド・ノリス

2022-03-10 Norris McLaren F1 Formula 1Getty Images

1999年11月13日生まれ|イギリス国籍|マクラーレン(2019~)

通算成績(2024年開幕時点)

  • 出走/104回 
  • 優勝/0回 
  • PP/1回 
  • FL/6回

2023年の成績

  • 年間:205ポイント/6位
  • 優勝/0回
  • PP/0回
  • FL/1回
レース名決勝順位
第1戦バーレーンGP17位
第2戦サウジアラビアGP17位
第3戦オーストラリアGP6位
第4戦アゼルバイジャンGP9位
第5戦マイアミGP17位
第6戦エミリア・ロマーニャGP【中止】 
第7戦モナコGP9位
第8戦スペインGP17位
第9戦カナダGP13位
第10戦オーストリアGP4位
第11戦イギリスGP2位
第12戦ハンガリーGP2位
第13戦ベルギーGP7位
第14戦オランダGP7位
第15戦イタリアGP8位
第16戦シンガポールGP2位
第17戦日本GP2位
第18戦カタールGP3位
第19戦アメリカGP2位
第20戦メキシコGP5位
第21戦サンパウロGP2位
第22戦ラスベガスGPRet.
第23戦アブダビGP5位

オスカー・ピアストリ

2023-02-26 Piastri McLaren F1 Formula 1Getty Images

2001年4月6日生まれ|オーストラリア国籍|マクラーレン(2023~)

通算成績(2024年開幕時点)

  • 出走/22回 
  • 優勝/0回 
  • PP/0回 
  • FL/2回

2023年の成績

  • 年間:97ポイント/9位
  • 優勝/0回
  • PP/0回
  • FL/2回
レース名決勝順位
第1戦バーレーンGPRet.
第2戦サウジアラビアGP15位
第3戦オーストラリアGP8位
第4戦アゼルバイジャンGP11位
第5戦マイアミGP19位
第6戦エミリア・ロマーニャGP【中止】 
第7戦モナコGP10位
第8戦スペインGP13位
第9戦カナダGP11位
第10戦オーストリアGP16位
第11戦イギリスGP4位
第12戦ハンガリーGP5位
第13戦ベルギーGPRet.
第14戦オランダGP9位
第15戦イタリアGP12位
第16戦シンガポールGP7位
第17戦日本GP3位
第18戦カタールGP2位
第19戦アメリカGPRet.
第20戦メキシコGP8位
第21戦サンパウロGP14位
第22戦ラスベガスGP10位
第23戦アブダビGP6位

DAZNについて

DAZNなら好きなスポーツをいつでも、どこでもライブ中継&見逃し配信!今すぐ下の記事をチェックしよう。

●  【番組表】直近の注目コンテンツは?
●  【お得】DAZNの料金・割引プランは?

チーム・ドライバー

日程・番組表

 レースフリー走行・予選決勝
第1戦バーレーンGP 2月29日(木) ~3月1日(金)3月2日(土)
第2戦サウジアラビアGP 3月7日(木) ~8日(金)3月9日(土)
第3戦オーストラリアGP 3月22日(金) ~ 3月23日(土)3月24日(日)
第4戦日本GP 4月5日(金) ~ 6日(土)4月7日(日)
第5戦中国GP 4月19日(金) ~ 20日(土)4月21日(日)
第6戦マイアミGP 5月3日(金) ~ 4日(土)5月5日(日)
第7戦エミリア・ロマーニャGP 5月17日(金) ~ 18日(土)5月19日(日)
第8戦モナコGP 5月24日(金) ~ 25日(土)5月26日(日)
第9戦カナダGP 6月7日(金) ~ 8日(土)6月9日(日)
第10戦スペインGP 6月21日(金) ~ 22日(土)6月23日(日)
第11戦オーストリアGP 6月28日(金) ~ 29日(土)6月30日(日)
第12戦イギリスGP 7月5日(金) ~ 6日(土)7月7日(日)
第13戦ハンガリーGP 7月19日(金) ~ 20日(土)7月21日(日)
第14戦ベルギーGP 7月26日(金) ~ 27日(土)7月28日(日)
第15戦オランダGP 8月23日(金) ~ 24日(土)8月25日(日)
第16戦イタリアGP 8月30日(金) ~ 31日(土)9月1日(日)
第17戦アゼルバイジャンGP 9月13日(金) ~ 14日(土)9月15日(日)
第18戦シンガポールGP 9月20日(金) ~ 21日(土)9月22日(日)
第19戦アメリカGP 10月18日(金) ~ 19日(土)10月20日(日)
第20戦メキシコGP 10月25日(金) ~ 26日(土)10月27日(日)
第21戦サンパウロGP 11月1日(金) ~ 2日(土)11月3日(日)
第22戦ラスベガスGP 11月21日(木) ~ 22日(金)11月23日(土)
第23戦カタールGP 11月29日(金) ~ 30日(土)12月1日(日)
第24戦アブダビGP 12月6日(金) ~ 7日(土)12月8日(日)