エラーコード %{errorCode}

モータースポーツ

【2024】伝統のモンテカルロ市街地コースを制するのは?F1第8戦モナコGP|開催日程・放送予定

DAZN NEWS
【2024】伝統のモンテカルロ市街地コースを制するのは?F1第8戦モナコGP|開催日程・放送予定DAZN
2024シーズンF1(フォーミュラ1世界選手権グランプリ)第8戦モナコGPの開催日程・放送予定をお届け!伝統のモンテカルロ市街地コースの戦いを楽しもう!
▶▶▶DAZNの詳細をチェックする◀◀◀

2023シーズンのF1は当初24戦で行われる見通しだったが、新型コロナウイルスの影響で中国GPが見送りとなり、エミリア・ロマーニャGPは豪雨災害により中止に。これで22戦での開催となった。

そして2024年は全24戦で実施される予定。これは過去最多のグランプリ数となる。

F1第8戦モナコGP 概要

近日公開予定

モナコGPの成り立ち

2022-05-28 Tsunoda Yuki Alphatauri F1 Formula 1Getty Images

レース開催日程・DAZN配信予定

第8戦モナコGP/モンテカルロ市街地コース

日時内容解説・実況
5月24日(金)
 
フリー走行
1回目
 
5月24日(金)
 
フリー走行
2回目
 
5月25日(土)
 
フリー走行
3回目
 
5月25日(土)
 
予選 
5月26日(日)
 
決勝 

 

サーキット(モンテカルロ市街地コース)

2021-05-12 Monaco Circuit F1 Formula 1DAZN/Getty Images

とにかくコース幅が狭く、わずかなミスがクラッシュに繋がる難易度超級の市街地サーキットを決勝では78周する。

コーナー数は全部で19。有名な「ロウズ・ヘアピン」や「トンネル」など、市街地ならではのユニークなコーナーが続いていく。トンネルを抜けた先のシケインが唯一のオーバーテイクポイント。DRSはメインストレートに設定されている。

以前と比べて車体の幅が大きくなっている近年のF1では、レース中のオーバーテイクは非常に難しく、そのため予選順位が極めて重要であり、予選でグリッド最前列を得られなければ大きく勝機を失ってしまうことが予想される。ピット戦略がポジションアップを大きく左右するのもモンテカルロの特徴だ。

また、普段は公道として使われているため、走行を重ねることで路面にタイヤのゴムが付着し、決勝にむけてコースのコンディションが大きく改善していく特徴もある。

外から見ると美しい街並みだが、ガードレールに覆われ、先が見えにくいコースを、ミリ単位のコントロールでマシンを操るF1ドライバーの超人ぶりが感じられるサーキットだ。

2022年モナコGP結果

2022-06-04 Perez Sainz Verstappen Leclerc F1 Formula 1Getty Images

現地モンテカルロはF2開催の昼時間は晴天のドライだったが、F1決勝時間(15:00)が近づくと雲行きが怪しくなり、レコノサンスラップ終了後に雨が降り出した。スタート時刻が16分ディレイになり、セーフティーカー先導でのレース開始とアナウンスされた。

この間も強めの雨が降り続き、全ドライバーがエクストリームウェットのタイヤを第1スティントに選択した。フォーメーションラップが開始となるも、雨はさらに強くなり、レースは赤旗中断に。全マシンがピットに戻った。

50分ほどの中断を経て、現地時間16:05にセーフティーカー先導で再開となる。この周回中、ランス・ストロールが壁にヒット。ニコラス・ラティフィがヘアピンで曲がりきれずにウォールに当たる場面も。

そして3/77周目からローリングスタートでグリーンフラッグとなった。ここで多くのマシンがレインタイヤで出るも、下位チームの中には早々に見切りをつけてインターミディエイトに切り替えるドライバーも出てきた。

数周を消化し、インターミディエイトのマシンが良いレースペースを示していることから、角田裕毅も6周目の終わりにウェットからインターミディエイトに履き替えている。早々にインターミディエイトに変えていた17番グリッドスタートのピエール・ガスリーよりも後ろでコースに復帰した。

上位勢では17/77周目にセルジオ・ペレスが、19周目にチャールズ・ルクレール、マックス・フェルスタッペンもインターミディエイトへと履き替えた。ここでペレスはライバル勢よりも1周6秒ほど速いラップで周回し、ルクレール&フェルスタッペンよりも前の2番手に浮上する。カルロス・サインツがまだウェットから変えていないため、ペレスが事実上のトップとなった。

路面が乾いてきたこともあり、20周目あたりから徐々にスリックタイヤに変更するドライバーも出てきた。サインツとルクレールは22周目にそろってハードタイヤに変えた。23周目にはペレス、フェルスタッペンもハードに変更し、これで上位勢はペレス、サインツ、フェルスタッペン、ルクレールという順番に変わった。角田もこの23周目からハードタイヤの第3スティントに入っている。

27/77周目、ミック・シューマッハがターン14~15で大クラッシュ。マシンのリアとエンジン部分が分離するほどの状況だったが、ミックに大事はなく、すぐさまコクピットから降りている。レースはセーフティーカー導入となった。30周目の途中、タイヤバリア修復に時間がかかることから、レースはまたしても赤旗中断となった。

現地時間17:15よりセーフティーカー先導で再開とアナウンスされる。3時間ルール適用となるため、レースは77周のフルラップ消化が事実上不可能に。残り時間45分のみとなった。

ここでトップ4の順番はペレス、サインツ、フェルスタッペン、ルクレールという並びに。両チームのタイヤはレッドブル勢が新品のミディアム、フェラーリ勢がすでに10周ほど走行したハードと、チームで分かれる形に。

33周目からローリングスタートでグリーンフラッグとなり、レース時間は残り約40分となる。ここからはトップのペレス~6番手のランド・ノリスまでが一つの集団に。その後は7番手のフェルナンド・アロンソ以下が縦列状態となる。

各ドライバーは最後まで走り切るスティントであるため、モナコ特有のコース条件も相まって順位の上下動はほとんど起きず。先頭を走っているペレスはタイヤのグレーニングに苦しみ、残り10分に入ると、2番手サインツ以下に詰められる状況に。

だがペレスが最後まで先頭を譲らず、トップのままで3時間を迎え、今季初勝利をマーク。F1キャリア3勝目となった。2位にはサインツ、3位フェルスタッペンまでが表彰台に上がった。

4位ルクレール、5位ジョージ・ラッセル、6位ノリス、7位アロンソ、8位ルイス・ハミルトン、9位バルテリ・ボッタス、10位セバスチャン・ベッテルまでが入賞となった。

角田は終盤まで15番手を争っていたが、ミディアムタイヤのグレーニングに苦しみ、残り10分を迎えたターン1でオーバーラン。順位を17番手まで落とし、ソフトタイヤに履き替えてフィニッシュを果たしている。

■2022年第7戦モナコGP決勝

1/セルジオ・ペレス/レッドブル
2/カルロス・サインツ/フェラーリ
3/マックス・フェルスタッペン/レッドブル
4/チャールズ・ルクレール/フェラーリ
5/ジョージ・ラッセル/メルセデス
6/ランド・ノリス/マクラーレン
7/フェルナンド・アロンソ/アルピーヌ
8/ルイス・ハミルトン/メルセデス
9/バルテリ・ボッタス/アルファロメオ
10/セバスチャン・ベッテル/アストンマーティン
11/ピエール・ガスリー/アルファタウリ
12/エステバン・オコン/アルピーヌ
13/ダニエル・リカルド/マクラーレン
14/ランス・ストロール/アストンマーティン
15/ニコラス・ラティフィ/ウィリアムズ
16/チョウ・グァンユ/アルファロメオ
17/角田裕毅/アルファタウリ
‐/アレクサンダー・アルボン/ウィリアムズ
‐/ミック・シューマッハ/ハース
‐/ケビン・マグヌッセン/ハース

関連記事

直近のDAZN番組表(F1)

DMM×DAZNホーダイなら月々割引&ポイント還元でお得!

dmm dazn(C)DMM.com

DAZNで配信しているスポーツは、DMMプレミアムとDAZN Standardがセットになった『DMM×DAZNホーダイ』でも視聴することができる。

通常DMMプレミアムとDAZNを別々に契約すると月額4,250円(税込)がかかるところ、『DMM×DAZNホーダイ』なら月々1,270円お得な月額2,980円(税込)で2サービスを楽しむことができる。

なお『DMM×DAZNホーダイ』は2024年3月1日より価格改定を行い、月額500円アップの3,480円(税込)となるが、2024年2月29日までに登録のうえ継続する場合は3月1日以降も旧価格の2,980円(税込)で利用できる 

通常DAZNからの切り替えも可能(一部は不可)なので、まずは公式サイトをチェックしてみてほしい。

?【DMM×DAZNホーダイがお得】今すぐ公式サイトから登録

DAZNについて

DAZNなら好きなスポーツをいつでも、どこでもライブ中継&見逃し配信!今すぐ下の記事をチェックしよう。

●  【番組表】直近の注目コンテンツは?
●  【お得】DAZNの料金・割引プランは?

チーム・ドライバー

日程・番組表

 レースフリー走行・予選決勝
第1戦バーレーンGP 2月29日(木) ~3月1日(金)3月2日(土)
第2戦サウジアラビアGP 3月7日(木) ~8日(金)3月9日(土)
第3戦オーストラリアGP 3月22日(金) ~ 3月23日(土)3月24日(日)
第4戦日本GP 4月5日(金) ~ 6日(土)4月7日(日)
第5戦中国GP4月19日(金) ~ 20日(土)4月21日(日)
第6戦マイアミGP 5月3日(金) ~ 4日(土)5月5日(日)
第7戦エミリア・ロマーニャGP 5月17日(金) ~ 18日(土)5月19日(日)
第8戦モナコGP 5月24日(金) ~ 25日(土)5月26日(日)
第9戦カナダGP 6月7日(金) ~ 8日(土)6月9日(日)
第10戦スペインGP 6月21日(金) ~ 22日(土)6月23日(日)
第11戦オーストリアGP 6月28日(金) ~ 29日(土)6月30日(日)
第12戦イギリスGP 7月5日(金) ~ 6日(土)7月7日(日)
第13戦ハンガリーGP 7月19日(金) ~ 20日(土)7月21日(日)
第14戦ベルギーGP 7月26日(金) ~ 27日(土)7月28日(日)
第15戦オランダGP 8月23日(金) ~ 24日(土)8月25日(日)
第16戦イタリアGP 8月30日(金) ~ 31日(土)9月1日(日)
第17戦アゼルバイジャンGP 9月13日(金) ~ 14日(土)9月15日(日)
第18戦シンガポールGP 9月20日(金) ~ 21日(土)9月22日(日)
第19戦アメリカGP 10月18日(金) ~ 19日(土)10月20日(日)
第20戦メキシコGP 10月25日(金) ~ 26日(土)10月27日(日)
第21戦サンパウロGP 11月1日(金) ~ 2日(土)11月3日(日)
第22戦ラスベガスGP 11月21日(木) ~ 22日(金)11月23日(土)
第23戦カタールGP 11月29日(金) ~ 30日(土)12月1日(日)
第24戦アブダビGP 12月6日(金) ~ 7日(土)12月8日(日)